2014年03月18日

今日が春一番?

先日、14日の日に釣りに行った時、アクアラインが風速21Mの横風でめっちゃ怖かったのですけど
あの日が春一番じゃなかったんですね〜

埼玉県の畑の多い「自然豊かな?」土地に長く住んでいますので「いつもの春」ですが

1  そりゃぁ〜土埃まみれになりますよね〜!

幸い、花粉症でもないし、アレルギーも無い健康体なので、目がショボショボする位で
大した苦痛はありませんが、
事務所の中が砂だらけになります(笑

そして・・・別に床が白くなろうが、構わない性格なので、慌てて掃除をするわけでもなく〜
ですけど、床に落ちた野菜は・・・この時期は捨てるようにしています。
なんせ、チビネズミちゃんもウロウロしていますからね〜!

2  いつもの、ナックル取付&アライメント調整の作業ですが・・・

ナックルを取り付けした直後は、こんなにトーアウトになっています。

タイロッドを伸ばして、トーを調整するので、長さの長いタイロッドが必要となるわけです。

3  シルビア系のストラットの場合は、ハンドルを切った際のタイヤの稼動範囲が大きくなるので
ブレーキホースの穴を半分移動が必須ですけど

スカイライン系は、ほぼ移動しなくても大丈夫です(3upの4537ナックルの場合)

4  アライメント調整は・・・すんなり完了で〜す

そうそう、自家塗装してあるFアルミホイールの耳の塗装、ちょっとハゲちゃいました。
機械をアルミホイールで挟まないと、アライメントが取れないので、ご了承下さい!

5  3upの担当になっていただいている凄腕営業マンの工藤さん

本庄サーキットで行われた、セントラル地方戦で、ブースを出していた方です。

昔はシルビア系に乗っていた車好きの方です。
ただ、私生活は謎ですけどね〜W
まだ、小泉さんみたいにイジれません(笑

6  ジーカー来店

ペラシャ?のネジが硬くて取れない・・・と。
しょ〜がないなぁ〜〜〜 サービスで、緩めましたよ。

7  アライメント調整後に、タイロッドの印を付けて、現地で調整しやすくしておきま〜す。

これから、切れ角を調整するストッパーを適正に作ります。
アライメントを取ってからじゃないと、タイロッドエンドがロワアームストッパーに当たる正確な
位置だしが出来ないので、ここは重要ポイントですよ〜!

ECR33スカイラインの純正ステアリングラックは移動量が少ないため、ハッキリ言って
すっごく切れるようになる訳ではありません
純正ナックルと比べたら、大きく違いますけど。

大会派の方は、切れ角が大幅にアップするER34スカイライン用のステアリングラックを移植します
ただ、大きく切れ角が上がるので、それなりに干渉場所の対処が必要になりますし
テンションロッドとタイヤが干渉するようになりますね。

そうなったら、3upの逃転ロッド2が必要になるわけで〜す
さりげなく・・・宣伝!

posted by 3UPオバちゃん at 22:30| 未分類