2015年01月10日

旧成人の日に・・・

後から日記を書いています。
忘れないように・・・。

昨日、風邪を引いたようで1日寝込んでいた父ですが
「朝から夕方まで、何も食べない、飲まないで呼吸が苦しそう。という事で救急車を呼んだから」
という母からの報告があったのが夕方19時ごろだったかなぁ?

いつもの風邪だと思うけど、早く帰って来てね。
と言われたが

私は千葉へオートサロン会場に居て、すぐに病院へ行けなかったし
また、いつもの風邪でしょ。って思ってた

かなり容体が悪い。と近くの業院では引き受けされなくて、大きな病院へ・・・。
埼玉医大(父が肺がんの手術をした病院)に緊急入院する事になり
救急車で同乗した母を、私が留守なので妹が病院へ母を迎えに行った

千葉からの帰り道、病院に寄ろうか?と母にTELしたが
大丈夫よ。落ち着いたし、もう病院出て家に向かっているから。という事で自宅へ

今でも後悔している。やっぱりあの時、病院へ寄ればよかった。と

私は自宅へ戻り、母も戻って来て・・・母が私に言う
「万が一の時には、人工呼吸器とか入れない。って先生に言ったの」と

まぁ、万が一は万に一だから万が一よね〜

母と二人でお風呂に入ろうとお風呂を沸かしていた。
23:30頃だったかなぁ?
家の電話が鳴った。

こんな時間に?電話?イヤな予感

母が出る 「えぇぇ? ・・・・・ 」 座り込む
私に電話を代わるという

父が入院している先生からの電話だった

「突然、自発呼吸が止まり、心臓が止まりました。
心臓マッサージを行いましたが・・・自発呼吸をしません。
呼吸が止まってから10〜15分経過しましたが・・・
人工呼吸器を入れてもいいですか?と・・・」

私の心臓が止まりそうになった。
私が倒れそうになった。
深呼吸をして

私「心臓が止まって、息をしていないのですよね?
もう、蘇生の可能性って・・・
人工呼吸器は入れないでいいです。」

先生「病院に来て下さい。そのまま、お見送りとなると思います。
慌てないでゆっくりと来て下さい」

妹夫婦の家族を呼び、病院でお見送り
母は泣きつくし、私が先生と話をする。
死因は肺炎だと思います。と先生
詳しい死因を調べたかったら、これから解剖します。との事で、お断りした。

何も考えていなかった葬儀会社へ訳も分からず電話し・・・
息が止まって、冷たくなりつつある父を2〜3時間見つめながら・・・
まだ、現実が受け止められず・・・

一睡もせず・・・会社に行く
何だかんだと・・・これからバタバタとする。
だから、まだ救われるのかもしれない

・・・

P1070130 (600x450).jpg

Kさん夫婦で、車両の引取りに来てくれています!(^^)!

草加の有名なお菓子をお土産に頂きましたので・・・

P1070129 (600x450).jpg

みんなで、揃って ブーデーの道を歩みます( *´艸`)

喧嘩になるので食べきっちゃいました!

御馳走様でした(*^-^*)

で、夕食は・・・

暇人みっちゃん夫妻からのお布施(∩´∀`)∩

P1070132 (600x450).jpg

飛騨牛がちょっと入ったサラミ

食べきっちゃいました。

美味しかった〜!
posted by 3UPオバちゃん at 13:48| 日記