2020年03月10日

(覚書)子宮腺筋症:腹腔鏡下施術で入院2日目(手術日)作り直しFメンバー完成

今度は、この車両にピッタリ装着できる寸法で
作り直したFメンバー前出し&かさあげ加工

完成でーす

スカイライン用の加工ナックル届いている分も
製作開始しました

8CD8371F-F459-4902-B147-751949312360.jpeg

私事で、三上さんお仕事進まなくてごめんね

今日の3up工場は、これにて終了です

私は例の子宮全摘手術なんです
12:15麻酔がきいて目の前がぼやけたー

次の瞬間には、あまりの激痛に痛い痛い騒ぎ
痛み止めも2種類使ってもらい、
気持ち悪くなって、朝の7時頃まで激痛で一睡もできず

出産を経験していない私にとっては、人生で
一番痛い体験でした。


----------------------------------------------

ここから、子宮腺筋症の為「子宮・卵管」の摘出
腹腔鏡下施術で入院〜手術〜退院のブログです

苦手な方はさようなら(^^)/




6時ごろに医療従事者の方が廊下を歩く足音で目が覚めてウダウダ
のどが渇いちゃって、追加で100ml程のお水を飲む

7時頃かな?看護婦さんが検温・血圧を測りに来て
これからの時間は、完全絶食ですよ。と

なんか、ドキドキしてきた〜!

今日は、1番目の手術が9時から。で
私は2番目なので12時ごろじゃないか?と

11時ごろに母と妹が手術の立ち会いに来てくれる
予定でしたが、11:40分ごろに到着
顔を見てほっとした(^^)/

医療用の弾性ストッキングを履いて
呼ばれるまで待機です。ドキドキしてきた〜!

大部屋が空いたので、部屋の移動をお願いしますって

5000円位なら個室が良いんだけどなぁ〜
2万円は、私には・・・無いな!

1AD248A7-4C80-4A30-86B4-D46768ECBF18.jpeg


妹の長女7歳の美優ちゃんが私の為に書いてくれた
応援メッセージに励まされ・・・

大部屋に移動して、荷物の整理

お昼ごろ、いよいよ手術室へ・・・と呼ばれました

一応、何をどうするのか?とか
他の方が書いた、同じ手術をした方のブログなど
読み漁っているので、痛さも妄想していました

埼玉医大は、4階に手術室があり、
看護婦さんに付き添われながらエレベーターに乗り
歩いて「手術室」へ入りました

紙の帽子を被されて、手術室のドアを開けると
いよいよ!あのTVで出てくるあのベッドと電気と部屋か?
と思ったら、長い廊下がありドアが6個くらい???

そのうちの1つのドアを開けると
とても小さなベッド(幅60センチ位)と
麻酔科医と、助手の方3名

「私失敗しないので!」の大門みちこが手術するみたいな
凄い機械があるのかと思ったけど、違った

来ていたパジャマを脱いで手術着に着替え
パンツは履いていた。

自分で小さな手術台に上がって、寝る
上には、まぶしい手動で動く丸いライトが見えた

麻酔科医と看護婦さん?助手さん?と
談話しながらリラックス
医療に携わる方って、ほんとに凄いなぁ〜
そして、とても優しい

左手の甲に、点滴用の針を刺して固定し
しばらくすると、麻酔を入れますよ〜との声
時計を見たら12:15分だった

「もう麻酔ですか?!ドキドキする〜
心の準備がぁ〜あぁ〜天井が回る〜」
って話した瞬間に

もう、記憶がない

743793EA-AD34-4CAF-A960-3EDB28F13A31.jpeg

「岡崎さん!わかりますか?岡崎さん!」

声が聞こえた瞬間に口から管が出たのを感じた
そして、激痛に襲わて

「痛い!痛い!痛い!お腹が痛い! 
痛いよぉぉ〜」
もう、それしかなかった

とにかく、お腹が痛いのだ

そして、目を開けると眩しくて
そして、天井が回っている?視線が合わない
目が回って、少し気持ち悪い

ってか、お腹が痛い!痛い!痛い!痛い!

手術台から、移される振動も痛い!
「おい!もっと優しくしてくれ〜!」って思った

ガタガタ揺れる寝台、エレベーターの振動
「痛い!痛い!揺らすな!このやろ〜!」って感じ

あまりに痛がるので、すぐに痛み止めを投与
けど、痛いものは痛い!
「もっと強い痛み止めプリーズ!」のリクエストに

血圧を測る。上が195 下が96
「凄い血圧!ホントに痛いみたいですね。」
って、だから痛いって言ってるじゃ〜ん!

汗がびちょびちょで、レンタルしたパジャマがビッチョリ
体を拭いてくれる優しい看護婦さん
そして「体勢横向きとか変えてみますか?」
とか聞いてくれるけど・・・

そもそも、体勢の問題ではなく
お腹が痛いのだ。痛み止めを下さい

0733C7C6-876D-4074-94CE-8D18060FE165.jpeg

痛み止め2本目の薬が入ってしばらくして
少しだけ落ち着いた

痛いものは痛いけど、話が出来るようになった

母と妹が、先生に手術の話を聞いてくれた

後から聞いた話だが
20年前に受けた盲腸の手術の際に癒着した
腸を剥離しておいたよ。との事
排便の時に、右の下腹部に激痛が走る時があったのは
この癒着のせいだったかもね。との事でした

はい

この下の写真、グロイから苦手な人は逃げて!

取った子宮の「肉の塊」の写真があるよ

A754AF64-282F-4BC6-981A-E5506BC7A439.jpeg

手術が終わったのが16:30頃だったかな?

母と妹が帰った時の記憶があまりない

しばらくすると、三上さんが来てくれていた。

酸素マスクを外して
喉がカラカラで水を口に含ませて!と

ほんの少しのお水を口に含む
味付きのオランジーナをもらったが
めっちゃ不味く感じた
水が1番(^-^)

やっぱり、痛くて痛くて痛くて痛くて
冷汗かいて、足をバタバタして、ウンウンうなってた

三上さんに、今の状況の写真撮っておいて!
ってお願いしたのが下の写真

血栓予防という事でシューシューと足を
マッサージ加圧する機械がウザい
本当に、これ必要?

足を動かすたびに、エアーが漏れて
ピーピー警告音が
うざ〜い!外してほしい!シューシュー煩い!

三上さんと、話をしたのかどうかもあまり記憶がない
ただただ、痛さとの戦いでした

B1BA5723-B5A6-4834-9B60-DEF7A1DD139B.jpeg
オムツに、尿道管から緑の尿
違和感ありあり

オシッコしたいような?痛いような?
変な感じと、お腹の
この痛みがなくなるとは到底思えなかった

優しく看護師さんが色々と話しかけてくれる
『明日は歩く練習しますよ』
なんて、マジかよ!って感じです!

時間が経つのが遅くて1時間経ったかな?って
時計を見ると3分しか経ってない

少し寝たな〜って時計を見たら10分しか経ってない

足のプシュープシュー加圧機械がうっとおしい

熱くなって汗かいて、ウエットティッシュで顔や首を拭いて冷やし
次は寒くなって、ブルブル震えて・・・

足の加圧機が夜中3回外れてピーピー言う
ナースコールで治してもらう

約1時間おきに血圧と体温を測りに
真夜中でも看護師さんが来てくれる
「何かできる事ありますか?」って
とても優しい

でも、痛み止めの副作用で目が回り気持ち悪いし・・・
絶不調のまま、一睡もできずに6時を迎えた




posted by 3UPオバちゃん at 20:48| 健康・怪我・病気