2017年08月10日

ギンちゃん 交通事故 動画あり

待ちに待ったお盆休み

明日からの釣りとバーベキュー
ギンちゃんと過ごせるお店とドッグラン

そしてバス釣り道具でお世話になってる
遊心 松田くんの所に注文していた
大人のおもちゃの引き取りの準備に
ジジ&ババは、ルンルンで大忙しです(*^▽^*)

明日の為に新しく購入したイマカツルアー
少し改造しちゃったりして
こんな準備の時間が1番楽しかったりします

どーせ、釣れないのわかってるのに
期待しちゃいます(*´-`)

あれこれ楽しい妄想を膨らませて
釣り道具と、ギンちゃんお泊まりグッズを準備

車に積みに、玄関ドアを開けた三上さん
ドアの隙間からギンちゃん
ヒョイと階段を降りて行ってしまった

コラ!ギン!

今までも何度かこういう事はあった

1年前は、道路に飛び出して車に止まってもらって
難を逃れた事はあったが、
最近は道路には行かなかった

いつもは、待ってーギンちゃん!と
車のスライドドアを開ければ、ドッグランに
車で行くと思って、車に乗り込むから
と、安心してた

両手荷物で塞がっていて車のドアを開けられなかった三上さんは
ギンちゃんを見失い追いかけられなかった

のを、私は玄関の二階から見ていた

IMG_7108.JPG

私からもギンちゃんを見失い
あれ?シャッター側の方へ行ったのかな?
と、思った瞬間に、道路に飛び出すギンちゃんが見えた

と、同時に
車に跳ねられ、反対車線の真ん中に転がった

と、同時に
大型トラックがギンちゃんの上を通過

あ。終わった。声も出ず

トラックが、通り過ぎ
ギンちゃんは、奇跡的にペタンコにならず
ギャンギャン泣きわめき、足が動かなく
恐怖?に震え、オシッコがジャージャー出ている

三上さんに抱えられたギンちゃん
まだ、オシッコがダラダラ出ているけど
受け取って、車に乗せて、病院へ行く準備

掛かりつけの病院は、今日は定休日で
なおかつ時間外で絶望的

だったのだが、

運悪く、ギンちゃんをひいてしまった方が
動物病院勤務の方で、すぐに見てもらえるように
病院に連絡して手配して下さった

不幸中の幸いとはこの事です
すぐに、紹介された病院へ向かいました

IMG_7094.JPG

こんな時に・・・?写真でも取っていないと
私の心が壊れてしまいそうだった

道路が混んでいて全然進まない
イライラする

体勢が悪いと痛いらしくギャンギャン泣く

どうなってしまうのだろう?
あんなに飛ばされて何もない訳がない

病院に付くと、沢山待っている方がいるが
すぐに診てもらった

レントゲンやエコー、血液検査など
ギンちゃんは、大丈夫だろうか?

明日からの楽しい旅行に浮かれていたバツだ

出来るならもう一度、今日をやり直したいT_T

担当してくれたのは元田院長先生で
普段は予約のみ診療の先生みたいです

IMG_7096.JPG

目に見えて腫れていた右脚は
レントゲンには骨折などの所見は無いという
レントゲンに写らない筋や腱に損傷がある場合もあるので、要観察

車にぶつかっているので、内臓が心配
なんか、お腹が膨れている気がする事を伝えた

血液検査の結果、全身打撲の数値

IMG_7132.JPG

検査が一通り終わり、
目をひらいて戻って来たギンちゃんを抱き
少しだけホッとして気が緩んで涙が出て来た

IMG_7133.JPG

泣きたいのはギンちゃんだよねー

レントゲンには、すこしイヤな黒い影

先生は大変親身に話を聞いてくださり
しっかり検査、画像判断してくれます

IMG_7098.JPG

ギンちゃんの様子を見ながら
気になるお腹を、もう一度エコーと、レントゲン

あ。心臓の下の黒い空洞が増えてる

と、言う事は、肺から空気が漏れてる可能性が高い

ギンちゃんの息の仕方も、ゼーゼー言って
なんか昔の父の呼吸みたいに苦しそうだった

診察台でギンちゃんを抑えて
肋間に注射針刺して空気を抜く処置
空気が、出る出る

良かったー。ちゃんと見つけてもらって
優秀な先生に診てもらえて感謝です

ギンちゃんの飛び出しで運悪くギンをひいてしまった
被害者の運転手さん達には、病院の手配のお礼と
お詫びをし、ここでお別れしました

IMG_7100.JPG

空気を抜いてもらって、呼吸が楽になったのか?
スヤスヤ、目をつぶり、甘える

もう一度レントゲン撮って確認したら
抜けた空気で黒い部分が減っている

肺の損傷具合は、経過と様子を見ていきますが
今日、病院の最終時間の20:00に、もう一度
レントゲン撮って、必要なら注射で空気を抜きます

IMG_7102.JPG

たまに、お爺ちゃんみたいな咳をするけど
呼吸は落ち着いてる

少しトマト水飲ませたら元気に飲む
やっと、ねむれたのかな?

後悔ばかりですが、しっかりしなきゃ!
また、後で病院に行って来ます

三上さんが、ずっとギンちゃんに寄り添い
様子を見ている

洗濯物を取り込み、支払いの用意してたら
病院に行く時間になってた
息は荒くないし、大丈夫そうな気がします

IMG_7136.JPG

20:00 もう一度レントゲン撮ってみた

やっぱり少し肺から空気が漏れてる

黒い空洞が少し増えた

IMG_7135.JPG

また痛い思いをさせちゃうね
ゴメン

肋間に注射して、空気を少し抜きました

先生の施術が上手いからか?ギンちゃんは
針を刺されても痛そうな素振りを見せない

さっきみたいに大量の空気は出なかった

もう、病院が閉まるので、これからの時間
慎重に様子をみて、

口からハーハー呼吸し始めたら、
夜間病院で空気抜いてもらって下さい。
と言う話でした

IMG_7144.JPG

びっこ引いてるけど、歩ける
フードの音で、台所まで歩いて来た(*´-`)
食欲もある


おとは、オシッコが体内で漏れてないことを祈る
血尿じゃない事を祈る


IMG_7145.JPG

やっと安心して?スヤスヤ寝るギンちゃん

眼をつぶると・・・
車にぶつかり倒れギャンギャン泣くギンちゃんの姿が
何度も何度も繰り返しフラッシュバックし、
胸が苦しくなる

楽しみにしていた旅行は無しになったけど
ギンちゃんが元気でいてくれる
普通の毎日がなんて幸せな事だったのか
改めて思い知りました

ギンちゃんの怪我は私たち人間の責任だ。
激しい後悔と自責の念に押し潰されながら
ギンちゃんが元気になるよう見守ります
posted by 3UPオバちゃん at 20:00| 愛犬との暮らし