2006年03月23日

昨日の今日でしっぺ返し 陸運局

昨日に引き続き、今日も午後から1台車検です。昨日と違うのは、今日の車は「ドリ車」だと言うこと。でも、私としてはマニュアル車の方が扱いが慣れているので、バックランプの点検時に検査官を轢き殺す心配も無いのでルンルンで行けるはずでした。

今日は1日三上は朝からオークション場に出掛けていて居なく、電話で「車検行って来てね!」とやけに優しくお願いされました。一応、聞いて置きました。「取れそうなの?大丈夫な車?」に、「全然大丈夫!ノーブロブレム」との軽い声。益々怪しさ倍増

昨日と同じく12:00に3UPを出て、まずは予備のテスター屋さんへ。と出発でトラブル発生!なんじゃ?このとっても男らしいクラッチは・・・?想像は付きますが、女の子?!の私には出発が出来ません。駐車場内で3回エンストして、そのうち慣れるだろう?なんてとんでもない!信号の度にエンスト。私にはこんなにたくましいクラッチの扱いは無理なようです。

なんとかテスター屋まで辿り着きましたが、左足はパンパンで震えております。3月は混んでいるのか?今日も3台待ちで、ようやくテスター開始です。

ゆっくりブレーキ・車速のテスターに入れようと・・・エンスト!&ロケット発射!前進で人を轢き殺し兼ねません。サイドを使いながらゆっくりクラッチ繋いで・・・って、さっきと繋がる所が違うんですけど?????忘れもしない15年前、SEIK●の教習車での坂道発進で、シダックスの上沢交差点の真ん中で(地元ネタ)道を塞いだ記憶が蘇りました。焦れば焦るほど上手く行きません。

テスター屋のお兄さんは「ゆっくりで良いからね」という優しい笑顔が怖くてたまりません。絶対思ってない!早くしろこのやろう!の裏返しだと悟りました。 でもまぁ、難しいものは難しいのです。ここまで何回もエンストしてりゃぁココでは怖いものナシで、開き直れます。

光軸測りながら、排気ガスの検査を兼ねます。自分で数値を見るのですが、長いアイドリング&エンストのせいか?軽くエンジンがハンチングしだしました。軽いのがどんどん悪化して、激しいハンチングに!ヤベェかぶって来ちゃったかな?と思いましたが、この車。一応車検対応のマフラーが入っているようですが、うるさいんです。テスター屋の工場の中で「バウゥゥゥ〜〜ン」と空ぶかしする勇気はありません。激しいハンチングのお陰できちんと光軸が測れないと言われ、軽く1500回転でキープ。これまた難しくてアクセルペダル1ミリ2ミリで大きく変わり、ヤベッ回転上げ過ぎた!とアクセルOFFでエンスト・・・。私の精神的ダメージ中です。

後ろでテスターのおじさんが「排ガス、ダメかもね・・・」ってさらっと。そして「検査の時空ぶかしすると大丈夫だよ」なんていうアドバイスをくれましたが、そんな事小心者の私に出来る訳ありません!ラインの中はもっと静かなのに、バウゥゥゥ〜ンなんて出来ませんよ!私の精神的ダメージ、大に変更。

最後にサイドスリップ検査。「ゆっくり進んでね〜」というお兄さんの言葉にプレッシャーをヒシヒシと感じながらも発進成功!がしかし、あまりの激しいトゥの狂い方に、IN・OUTのどっちにメモリが振ったのか、目にも止まらないほどの振り切り方で「ブゥー」と大きなNG音が響き渡ります。私の精神的ダメージ特級に変更! 「もう一回バックして、前進して」なんとか振り切る目盛りがOUTに行っているのを確かめて、お兄さん、地下に潜って調整です。

お兄さん、ふぬぅーふぬぅー言ってます。かなり固着しているご様子。右と左と車を移動しながら、もう一度検査。むなしい2回目の「ブゥゥー」で、また左右調整。階段8段を4往復でかなりハーハー言っています。すみませんしか言えません。3回目のテストでまたもや「ブゥゥー」 すみません・・・。もはや怒りが込み上げてまいりました。お兄さんの「こりゃぁ強敵だな!」と笑っている笑顔が怖いんですけど・・・。また調整。ハーハーゼィゼィに変わりました。4回目は祈るような気持ちでした。「・・・・・」鳴らなかった!やった!成功だ!有難う!涙が出そうでした。「有難うございました!!」と大きな声で挨拶し、見送ってくれましたが、またエンストしてしまいました。あまりにもたくさんの出来事がありすぎて、写真を撮る余裕も時間もありませんでした。また、いつも引っかかっている人を見て、心の中で「オィオィこのやろ、早くしろ!」なんて思っていた事を深く反省しております。この度はご迷惑をお掛けいたしました。

かぶってしまったのか?ブ〜ンってアクセル踏みたいんだけど、テスター屋から陸運局まで20m。かぶったまま?もう着いちゃった。さて、時間は12:46分。かなり時間食っちゃって受付始まってるよ!でもライン前はそんなに並んでない!ラッキー!車をライン上に放置して受付完了!この動揺をジュースで鎮めながら、一応ホーンとウォッシャーと発炎筒チェック。ウォッシャー出ないんですけど・・・。三上に今までの怒りを込めて○★#$ゴルァд電話!「おかしいなぁ〜、昨日は水出たんだけどなぁ〜。排ガス?大丈夫!取り合えずラインに乗ってくれれば落ちてもいいからさ」って軽い返答!私が欲しいのは「合格」だけなんです。取り合えずなんて許せません!Himg0043_2

ボンネット上げて、水の配管みたらねじれてました。よし!コレで、後は排ガスだけだ!。ラインが動き出し、軽くエンスト。そうだ!オバさん泣かせの、この男らしいクラッチの問題があったんだ・・・。冷静に思い返してみても、やっぱりさっきとクラッチ繫がる場所が変わってる。毎回違うんですよ。 軽〜く怒り気味で、いつもドキドキの最初のウィンカーとかの検査官には緊張せず、「発炎筒は?」に 「ありますよ。見ます?そこ!」と指差し、横柄な態度でした。 車中で思い出し1人、反省してます。

Himg0042

ライン上でのエンストは良いとして、ロケット発進は許されません。

前の車間を空けてゆっくり発進。この間にもエンストばかりで、ラインに入る直前の登坂道では、普通はビタ付けが当たり前なのに、後ろのおじ様は悟ったみたいで、ものすごーく車間取ってます。だって、外車だしね。

さて、あまりエンストしたくないので、免許取り立ての様なクラッチとアクセルの煽り方で、ブゥゥーンとライン内全てにこだましています。

光軸の時も少し煽り気味で、光量・軸共にOKが出ました。

ドキドキの排ガスも一応なんとか?クリア出来ました。

Himg0040Himg0041_1

                           あとは、下回りで揺らされるだけだ。まさかだけど、この車、触媒とか大丈夫だよね?まさかねぇ? とても長く感じました。ゴールはもうソコまで来ています!

無事「合格」の○がでたんだけど・・・・・。

最終の小屋の人に書類出したら「マフラーうるさいね。検査するから1番ラインに並んで」と。

そりゃそうでしょう。あんなに煽ってればイヤでも目に付くってものですよ。

Himg0047Himg0049Himg0052

二輪と、公認と再検査専用の1ラインは空いておりますが、あまりのショックに軽く脳震とうを起こしそうでした。

音量検査の結果は111db。4000回転で測るらしい。えぇぇ〜、ジャスマの証明書あるのに???と検査官に見せて見ました。ちなみにマフラー見てみたら・・・。

これどっかの社外で、ジャスマでも何でもない普通の競技用マフラーじゃん・・・。怒りと絶望と脱力感が。三上居ないし、ノーマルマフラーなんて一人で付けられないし、今日中に取るにはどうすれば通せますか?としつこく聞いてました。「稀に、インナーサイレンサーで通る場合があります」って。

ソレだ!それなら私にも出来る!時間はもう2:40分。急いで3UPに戻って装着だ!あぁ、今日は軽自動車の抹消2件と住所変更もやるはずだったのに。しかもまたまた昼食食べられなかった。しかし、やったるで!こうなったら意地でも合格むしり取ってやる!

一応お客様の車なので、飛ばしはしませんが、もっぱら信号の無い道を選んで帰りました。ちょうど良くインナーサイレンサーがあり、サクッと装着してまた陸運局へ。なんとなく車検証見たら、3月14日で切れてる〜。知らないって恐ろしい・・・。無事に到着して1ラインへGO。

Himg0051Himg0054

                          もう覚えられていた様で、手招きされながら測定開始。

やった!99dbでOKでました! 測って出た数値の一番高い数値を取るから、一瞬103dbを超えることがあったら、激しく咳払いしてやる所でしたが、ギリギリセーフです。

前回は合格だったマフラーでも、使用状況によってはグラスウールが抜けたりして、消音機能が低下し、車検がダメになるケースがありますので、注意しましょう! 

合格の印をもらって、愛らしい車検証を頂いて、時間は3:40分。ダメだとは思いましたが、軽の陸運局へGO

軽自動車の陸事に到着したのが3:55分。本当は勉強の為に聞きながら自分で用紙を書くつもりでしたが、時間が無い!背に腹は変えられない?代書でお願いしました。書類が揃ったのが4:05分。この代書の紙をコピーして今後に生かそうと受付を素通りしようとしたら「お客さん!書類こっちですよ」と神の声が。時間は4:08分。 もう、満面な笑みで「お願いしま〜す」チュッ すぐに書類が出てきました。

かたや、6分過ぎてダメなグソジ○ィーと、8分過ぎても受け入れてくれるおじさま。軽陸事最高です!

なんだか、この4時間はとても長いものでした。ここまで試練があると、何でも乗り越えられそうな気がして来ます。色々と勉強になりました。この試練を与えてくれた皆様、有難うございます。三上への怒りもスッカリと治まりました。

終わり良ければ全て良し!

posted by 3UPオバちゃん at 23:43| 車検・登録