2008年05月11日

みちのくD1フェスティバル IN青森県 MSP

プルルルル・・・電話が鳴った。
三上が寝ぼけながら出たら、約束の集合時間7:00になっていた

「アケェェ〜!ヤバイ。寝坊した!ダッシュ!」

起きて着替えて、スッピン&寝ぐせのまま5分ほどで部屋を出る
一緒に出発するメンバー全員お待ちかねです。
すみませ〜〜〜ん!

サーキットへはギリギリ7:30頃に到着。 ふぅ〜危なかった。

4_001 4_003

朝は、ミーティングから始まります。
今日の流れや、注意事項、きちんと把握して行動しないと
大切なイベントが台無しになってしまいます。
朝のゲートオープンから、多くのお客様が来場してくれました。

4_004_2 4_007

ひとまず、スッピンの私は、サクッと3分で日焼け止めと眉毛書き。
お客様が沢山居るので、事務所でコソコソとね・・・

4_023 4_022

ザクさんや、オプションビデオの撮影もやっていて、何か打ち合わせしていましたが、私には関係ありません・・・

走行会クラスが有って、一般参加が簡単に出来ます。
人気なので直ぐに定員に達してしまいますが、1000人以上の
ギャラリーに見守られながら?走るって・・・すごい事ですよ。

もしも、こういうイベントがあって、大勢のギャラリーの中で走れる。
という走行会があったら・・・
私は・・・辞退する。
本当は、すっごく恥ずかしがりや???
じゃなくて・・・見栄っ張りなの。
「恥ずかしい走りは出来ない!」って緊張して、変な走りしてしまうくらいなら走らない方が良い!って思ってしまう。
だから、練習して、失敗して刺さっている姿(いつもはコレ)は、
あまり見せたくないのよね〜。もう、見せ慣れちゃっているけど・・・
変なプライドだけは高いのよ・・・

最初の任務は、きちんとデモ走行が出来るように・・・の練習走行
まずはD1クラスから。

4_009 4_011

さすが!!!のチームオレンジの団体走行。
練習走行で魅せてます。

昨日も、今日も2日地連続で足を運んでくださった方も多く、
「あれ?昨日も見学していましたよね!?」
本当は人見知りしてしまう内気な私ですが、ちょっと遠方に出向いて、ちょっと心が開放的になっているのかな?

4_013_2 4_017_2

D1クラスと被らないように、コソコソと私も練習してみます。
とりあえず、昨日縁石に引っ掛けたり、タイヤにバンパーアタックしたり、内側のダートに落ちたりしているから、不安無く走れるかのチェックです。

うん。 車は大丈夫! 問題は、寝ぼけている身体がちゃんと動くかだ。
走って体を動かして、ちょびっと汗をかいたら、気分スッキリ!

4_039_2 4_040_2

先に練習走行を上がって、三上の走りを2本だけ見た・・・。
本日は、イベントなので、事故は絶対にダメ!
ダートに落ちて、石や砂利や砂を出しちゃダメ!
って頭があるから、力70%ほどで走行。

三上は、結構いい角度付いているジャン???
と思ったら、そのまま審査員席前のタイヤバリアにRバンパーをこすり付けて・・・砂利飛ばしていました。

本日、1発目のダート落ちは三上でした。

D1SLの本番3本でも、だいたい1番最初にタイヤに当たるのは三上。
今日も快調です。

4_024_2 4_038_2

選手紹介が終わって、いよいよD1選手&SL選手のデモ追走?
が始まります。

4_063 4_064

事前に対戦相手が決められて、トーナメントの勝ち抜き戦です。
私は、大ベテランの堀野仁さんと。

エキシビジョン追走と言う事で、本気100%での戦いと言う場所ではありません。あまり打ち合わせをしちゃうと迫力がなくなってしまうし、打ち合わせした所で何も出来ない私。
堀野さんと、ストレートの出かただけ話しました。
「私、3速のサイドで入っていきます」って言ったら
「うん。判った。オレもサイドで入る。」とジェスチャーしてくれました。

いよいよ追走エキシビジョンが始まりました。
審査員は、エビスの熊久保支配人と、一般ギャラリーから選んだ4名。

私が先行。変な挙動だけはしないように・・・と丁寧に走ったつもりだけど、自分では判らない。
刺さっちゃいけない!という気持ちで少し土手からは離れよう。と思ったら、ヤケに小回りしちゃって、イン閉めのカッコ悪い走りになっちゃった。

でも、そんなあやしい私の後ろを、堀野君はキッチリ走ってくれたんだと思う。
もちろん、バックミラーや、サイドミラーで確認する余裕なんてナイもん。

続く後追い。 なんでだろう!? 堀野君の後ろ、すっごく走りやすいの
上手い人だからっていう安心と、判りやすい挙動。
振り替えしのタイミングも、1コーナーは言った後の角度や速さ
そして、少し待ってOUTに膨らんでチラッとコッチを見た。

「え?入れって事???」

堀野君が私にインを刺すように開けてくれているけど、そんなに急に
入り込むことは出来ない。けど、ちょっとだけ寄って見た。
入りきれなかったけど、無言のアピールをとっさにする大人の堀野君は、さすが紳士です。
多分追走らしい追走は出来て居なかったと思うけど、私が勝ちだって。
全ては堀野君の仕業です。

この1回戦で負ければ走りの出番はない。
それはそれでつまらないけど、また午後に行われるベスト8の戦いをキッチリ走らなくては・・・と、ちょっとだけ気が重くなってしまう。
がしかし、こんな盛大なイベントに呼んでいただけるなんてめったに無い事だし、また青森に走りに来られる事も無いかもしれない。
せっかくだから、自分も楽しんじゃおう!と思ったら、気が楽になりました。

三上はね、小山内君との戦い。
のはずだったんだけど・・・小山内君はミッションブローしちゃって不戦勝でした。

お昼休みと、D1トークショーの最中は、私は色々な人とお話。

4_034_2 4_036_2

すっごく社交的な方が多くて、バンバンを話しかけて来てくれます。
色々な方と一緒に写真を撮りました。

寝坊して寝ぐせ&ほとんどスッピンの私・・・。恥ずかしい
年配の方もいっぱいお話してくれました。
PITを離れて、トイレに行って直ぐに戻るつもりが・・・
出番の寸前まで、お客様とワイワイやっていました。

本当は、3UPのオリジナル商品なども持ってきたので、並べて、少しは宣伝&販売するつもりだったのですが、
2人ともドライバーだったので、そういう時間はまったく取れませんでした。
やっぱり、もう一人お手伝いさんが必要ですね〜

そしてあっという間に出番です、追走エキシビジョン ベスト8

私は、末永兄が相手です。 助かった〜。
同じ車種S13系だから、動きも似ているし、勿論上手いし、走り方を知っている兄の後ろなら、なおさら安心

最初は後追い。初めて今日一緒に走る兄の後ろ。
え〜〜〜なんでだろう!?すっごく動きが判りやすい!
そして不思議と引っ張ってくれる絶妙なラインと速度と、待ち時間。
ははぁ〜〜〜ん。そういう事なのね。いわゆる「ツイン走行」って
前が上手く走ってくれれば、後ろはもっとラクに合わせて行けるんだ〜。
微妙にインを開けて「来い」というアピールに少しだけ入れた。
さすが、末永兄「直登」様!

そして先行。10回走れば10回違うラインを通る私にキッチリと合わせてくれました。

兄が「もう一回走りたい。サドンデスにならないかな?」と、言っていたら・・・
サドンデスで、もう一回走る事が出来ました。

上手い人の後ろを走るのって! 超楽しい!!!もっともっと走りたい!

さっきと同じように、上手く私を引っ張ってくれる兄。
めっちゃ走りやすくて、自分が「上手くなったのか?」と勘違いしてしまうほどです。
でも、さすがの兄は、終始、不安定な私の後ろをベッタリキッチリと走ってくれたようです。

私の出番が、無事に終わりました。
良かった〜。ぶつからなかったよ。無事に完走したぞ!
安堵感に浸りました。

三上は、益子君との対戦
「待っているから、オーバーテイクしてくれ」という注文。
そんな事言っておいて、待てるの???ぶつからない???
三上、そんなに起用じゃないジャン。私だったら安心して走れないわ!

さすが益子君。綺麗にオーバーテイク(追い抜き)して三上の任務完了です。

D1エキシビジョンはさすが!の走り連発で、自分が普通にギャラリーに変身して、見入ってしまいました。
参加して楽しい、見て楽しい。
このイベント「最高」ですよ!

最後に少し時間があったので、デモ?走行。
D1&SLの20台ほどが一斉にコースイン
ほとんど丸まる1週団体状態になっていたのですが・・・
その輪を乱したのは、やっぱり・・・私。

見事に1コーナーのタイヤバリアに真横から突っ込みました。
ドン!って凄い着地をしたけど、走行は出来ました。がしかし・・・
PITに帰ったらお客様に「大丈夫ですか!?」と心配されてしまった
「でも、かっこ良い刺さり方でしたよ!凄い角度でビュ〜ンって。」
刺さり方にカッコがあるのか???

これが本当の私なんですよ!(笑)もう、見栄も吹き飛びました。
青森県民の明るさ。最高です!

後は、サイン会と抽選会。
フェデラルタイヤから、Tシャツや携帯ストラップなどのグッズを(有)グラッセの山崎さんから協賛品を頂いております。
番号で当たる抽選会の景品としてお客様にお渡ししました。
喜んでくれましたよ!

そしてサイン会

4_043_2 4_045

サイン???そんなん私も三上もある訳が無い。
いつも、もらっている立場なのに・・・どうすれば良い???

ものめずらしい様で、私のサインの列に大勢の方が並んでくれました。
とっさに考えたサイン・・・

「おかざきあけみ」とひらがなで。+得意の似顔絵。
三上なんてね〜「三上」だけ。
まぁ、ダイゴも太吾に○でしたが・・・

1枚1枚考えながら書いているから、なんせ時間が掛かってしまう。
サイン会が終わっているのに、私だけひたすら「似顔絵」を書き続け・・・
こんなオバさんと写真を撮ってくれたり、トイレに行ってきちんと手を洗っていないこの手で
握手しちゃったり・・・。

4_046_2 笑っちゃうのがこの人。

「サインください」
聞きなれた声。

アホか!
私が兄のサイン欲しいよ!
見事にからかってくれました。
でもね、一応書いた。
多分直ぐに捨てると思うけどね〜

そして、「あっサインお願いします」

ん?見た事あるな???ぎゃっはっは!
写真は無いけど、昨日一緒に追走を戦って、順番間違えしてくれた落合君。
しかも、今日も一緒に追走エキシビジョンを走った仲間である落合君は・・・

どこからどう見ても・・・「秋葉系」 大爆笑です。
あんなスゴイ走りをする人なのに、なんで車を降りるとこんなに「オタク」に変身できるのか?ある意味才能です。

4_048_2昨日も、ギャラリーしに来てくれて、本日もわざわざ来てくれたのがこの方

←むつ市で自動車屋を営む久保田さん

4月に3UPのブルブル防止ナックルを購入してくれた方です。
私のローカルなこのブログを見てくださっていて、3Upが来る。という事でお土産を持参して下さいました。
「岡崎さんは苦手なものです」
えぇぇ〜〜〜!と文句いう立場ではありません。
「でもワカメは好きですよね!」
すごい!私という生き物を理解している・・・。

なんだか、あっという間にイベントが終わり、心地よい疲れだけが残りました。

山盛りの荷物をセッセと後片付け。コレが一番大変

4_052 4_054

とりあえず、ここから400キロほどの福島県のエビスサーキット付近まで頑張ろう!と急いで出発。
高速に乗るまでガソリンスタンドが無かったから、まぁどっかで燃料入れればいいや。って乗ったが・・・
ナビを確認しても90キロ先まで行かないとガソリンを給油できるSAが無い。

絶対に、絶対に足りません。ってか、あと30キロ走るかどうかです。

山越えだったので、少しでも、ひらけていそうな街に一回下りるしかない。

4_055 4_056

高速道路の人に聞いてガソリンスタンドが有ることを確認
19:00までだよ。って、今18:30過ぎ
危なかった〜。もう一つ先のインターで降りていたら、時間的に間に合わなかったと思う。
ナイスな判断でした。

燃料を入れて安心した私は・・・そのままお休み〜。ZZZ

4_058 4_060

行きにわざわざ電話してくれた井草さん絶賛の「ジャジャ麺」を
忘れずに食しました。

ちょっとだけ辛くて、シンプルなのに、すっごく美味しかったよ!

4_061 4_062

結構先に出たつもりだったのに、直ぐにチームオレンジ軍団が追いついてきました。
さすが、速いトラックは違いますね。

後から聞いたら、支配人もガス欠寸前で大変な思いをしたらしい。
皆ヤルんですね〜。

試食品のお菓子をボリボリと自分の物のように食べる私達↑
明日は、せっかくだからエビスを走ります。
5月21日〜鈴鹿サーキットで行われるD1&SL出走の為に
三上の最後のセッティング日となる訳です。

ここで、運転交代。
初めの30分でかなり睡魔が着たけど、1時間経過したら快調になって・・・
2時間走って180キロを走りました。
場所は、仙台の村田ICを過ぎたところで三上が起きた。
「運転替わる?」
行為に甘えて、PAに入ったら・・・支配人達、エビス軍団が居ました。

あれ???いつ抜かされたのだろう???
注意力散漫で運転していたんだな〜私・・・。

すぐさまお休み〜ZZZ 次に起きた時には見慣れたエビスサーキット周辺でした。
やっとエビスだぁ〜〜〜。やっぱり遠いんだな〜青森って・・・。
またいく機会、あるのかな???
走ってみたいから行ってみよう!という距離ではない事が判明しました。

いおやぁ〜、このイベントに参加させていただいて、またまた色々な勉強が出来ました。
まだまだ課題がもり沢山。

キッカケを与えてくださったチームオレンジ・支配人に感謝です。
本当にお疲れ様でした。有難うございました!

posted by 3UPオバちゃん at 20:57| Comment(1) | 3UP 行事イベント
この記事へのコメント
青森遠征、お疲れ様でした〜!あけサンとはエビスでは何度か見かけてましたが、まさかMSPで話せるとは感激しちゃいました。また、三上さんにも親切に気遣ってくれてもらい、嬉しかったです。またどこかでお会いできるの楽しみにしてますヽ( ´ー`)ノ
Posted by シルばば at 2008年05月14日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: