2011年07月21日

無駄に柔らかい?岡崎 38歳アスリートの身体?!

昨日の夜のネタ

アムロの父(しょーごオヤジ)はすずき施術院(カイロプラクティック、オステオパシー)を自営しています

勝手に抜粋
骨格の歪みによって発生している神経障害、痛みを、骨格を矯正する事によって改善
骨格を取り巻く筋肉のバランスを調整することで、間接的に骨格の矯正

三上はよく「腰が痛い」「足が痺れる」「お尻が痛い」と騒ぎますけど、どれだけ痛いのかは
本人しか判りません。

私も頑張って日記を書いていると「超肩凝った!」と騒ぎますが・・・ 騒いでいるだけの模様

本日、すずきオヤジにわざわざ来て頂いて、三上の施術をして頂きました。
前にも何度か看て頂いているのですが「血液検査してきて下さい」と言われてしまうほど
どうやら具合は良く無いらしい。

202  3日とか連続で施術できれば、ゆっくりと補正?していくらしいのですが
今日1回なので、ちょっと「荒目」に治療をして頂きました。

こんな時にしか「三上の弱った顔」が見られないので・・・
横から「もっと やれやれ〜」と掛け声掛けてました

たまたま、車両引き取りに来ていた「シャァ」 俺は肩凝りなんて感じた事が無い!というので

203  身体の点検をして頂きました。

ヨダレが出るほど「痛い所」があるらしく、ひょえぇぇ〜 と可愛い声を漏らしていましたが
顔が逝っています

204  シャァの点検の結果は・・・
10年後に突然右腕が上がらなくなる「40肩」になりそうな関節だという事が判りました

プププッ 

ケツアゴも直してもらいました!?

私もちょっと点検していただく事に・・・
人の痛みは楽しんでみていたけど、自分は怖い! 

レディーに優しい「オヤジさん」 軽く一通り看てもらいました。
自分では「肩凝っている」と感じていますが「まったく問題なし!」
無駄に「間接は柔らかい」そうで、38歳にしてドリフトやっていられる恵まれた身体だそうです

両親に感謝です。

がしかし、3UPの積載トラックの煽りで死に損なった「首のムチ打ち」はヒドイようで・・・
ヘタに手を付けられない感じだそうです。

鈴木オヤジさん。有難うございました!

211  本日のPIT

そういえば・・・朝一番で「待ち作業」のオソマツS14 クラッチブラケット溶接作業がありました
何も見ていません。写真もありません。
詳しく何やっていたか不明ですが、思っていたより早く終わったようです。

212  大人のドリ車「増蔵ステージア」
HPI製のアルミラジエター装着です。

分厚いので・・・スペースが無い車両には厳しいかも
私の180sxのように「中置きインタークーラー化」している車両には・・・スペースがありません

213  なんだか、あっという間に1日が終わってしまいます

私、今日なにやってたかなぁ?




posted by 3UPオバちゃん at 20:48| 3UPの日常