2011年07月27日

セントラル地方戦 第3戦 本庄サーキット 監督&ビデオ班

本日、平日のD1地方戦「本庄サーキット」
参加者は、たもっちゃんECR33・アムロS13・サッチーS15・グッバイ中川180sx(仕事休めず)

8時からのミーティングに間に合うよう、3UPを6:00出発
一番近いサーキットなのに・・・私は足を運ぶの今年は初かも?!

271  チーム3UP 3名 と、HKS2835KAIタービンになった本橋王子
いつもの本庄・・・を知らないが、今日の審査は「クリップ」の位置を変更

頭でなんとなくの走りのイメージは付くけど、実際に走ると違って見えるのだろうなぁ

ひとまず、1回練習走行の後、もう一度審査ポイントについてミーティングがあるというので
取りあえず「普通の本庄」を走ってみる。

272  練習走行 第1グループのたも。 
路面がウェットドライというイヤな路面でのECR33シェイクダウン
滑って、食われて・・・ あやふやな操作があやふやな動きになっている。
かわいそうに・・・。 日頃の行いの悪さか?! うっひっひ

273  車を持って来ていない時の岡崎は「最強」ですから。

もぉ〜言いたい放題!
良かった〜。調子に乗って「出る」とか言わなくて! ってな感じです。

やっぱり、審査員席に来て、見え方と自分の走りを整理する事が大切。
外から見れば「あら!そういうことなのね」って事が沢山あったりする。

人の失敗を見て、勉強する事は多い。
私は・・・しょーご、たも、サッチーの悪い所、良い所を探していました。
ひそかに、自分の練習内容(苦手な事)の確認です。

274

一次審査、2本勝負
セントラルは、1,2次予選とも 2本勝負。 結構緊張します。

見ているほうも緊張するけど、走るほうも緊張するだろうなぁ〜。

サッチー。1次予選敗退
走行後の会話
サッチー「そんなにダメですか?」  三上「え?全然ダメだよ!」
サッチー「そうですか」 三上「良いと思ってたの?」
コントの様な会話です。

さよなら走行中、日本語勉強中のサッチーのスポッターをやってみた。
体が動けば、それなりに操作するサッチー。 
やっぱ審査員席に見に来なかったのが敗因かな?
どれだけ「ダサい走り」をしていたか、判っていなかった感じ。 次に生かしましょう!

そして、ER34王子はクラッチのトラブル。動けなくなりました。
ピッポッパ 3UPメカニック:テツを積載トラックで呼びます

275   2次予選を突破した16名の発表
ビックリ3位通過のたもっちゃんECR33
ギリギリ16位通過のアムロS13

追走は・・・まだ教えてない。

276   1番最初の追走にアムロ
心の準備が出来ていない(私が)まま、とっととスタートしてました。

結果は・・・すかっと負けました!
三上キャラバンは、追走を見るための見学展望台に早変わりです。

277  たもは、ECR33対決で、もつれにもつれて、サドンデス3回で何とか勝ち上がり。
次の対戦は・・・コテンパンにやられましたね〜。
良い体験できました。

ダサい「先攻インチョロ」が、こんなにカッコ悪いとは!
私が反省しています。
逃げたい気持ちになるんですよね・・・。

278  王子のお迎えがやってきた。 3UPへドナドナされて行きます。

今回、地方戦を見て、とっても勉強になりました。
真剣に見ていると、こんなに疲れるのですね〜。 お疲れ様でした!

posted by 3UPオバちゃん at 11:13| ドリフト大会・走行会