2013年12月30日

正月エビスへの旅の準備してます 3UP車高調取付前準備編

エビスの練習マシーン 練習マシーンこそ、しっかり動く車で、しっかり練習したい! という事で、新調した3UPコラボ車高調 ちゃんとした写真を撮ってないので・・・シルクロード(製作会社)のリンクで詳細を確認下さい 特注の3UP三上こだわりオリジナルRショックバージョン(+20000円+税)もありますが 特別な部品を使うので、納期が1ヶ月ほど掛かります 今回、岡崎が購入した「市販ベースの3UPコラボ車高調」装着前にやっておきたい事を ま〜ま〜、ほどほど丁寧にお伝えします

301.jpg

 

 箱を開けると・・・ 3UPコラボモデルのシールが入っています 貼ってくれてもいいし・・・貼らなくてもいいし・・・。強制はしませんが、私は貼りましたよ! 最初になんとなくRショックから始めました 必要工具 19・21ロングソケット・インパクトレンチ・モンキー2本・カッター・カジリ防止のスレッドコンパウンド バネを外す為に、19mmのロングソケットで、インパクトで上のネジを外します ラチェットじゃ取れません。 インパクトレンチが必要です 外して分かった事は・・・若干プリロードがかかっていたので(バネが5ミリ位縮んでいる) 私は、ゼロタッチ(バネが手の力で回る位)に組みなおします 最初に、Rバネを外して、バンプラバーを短くする事から始めました ショックを守る為に付いているバンプラバーですが・・・ショックをできるだけ使いたい派なので 15mmだけバンプラバーを入れようと思います。 バンプラバーは、スポッと抜けません。 ショックの頭をモンキーで押さえながら、金属の回して取り外します。地味に時間が掛かります

 

302.jpg

 

 

よく切れるカッターで、手を切らないように、すっごい注意して地道に切り落とします。 そしたら、切ったバンプラバーを(半分だからどっちでも良いけど)入れなおして元通りに組みます。 色々な部品があるので、広いところで 部品の順番通りに置いておくとか 写真を撮っておけば、元に戻せるはずです。 そして、ショックと金属ブラケットをバラバラにします。 車高調整が色々出来る車高調。金属同士がくっついているので年数が経つと・・・ 当然、固着します 現地で、固着して車高調整できな〜い!というトラブルを「回避」する為に 金属のネジのかじり防止材、スレッドコンパウンドを塗っておきます いつも塗っていますけど、これで緩んだ!って事は「あまり」ありません。 だからって、ばか力で締め付けると良い事はありません。ロックシートが割れるだけです 走行前に必ず各部のネジが緩んでいないか?必ずチェックします。 走行会2〜3回走行すると、右Fの車高調がなぜか緩んでいます。これは仕方ありません これは、愛用していたG−マスターの話ですが、不良品じゃありません。 ネジなんて緩むのが当たり前。そんなもんです。 ケース側には程よくタップリ。ショック側には、三上&ジーカーの様にうっすら薄く塗ります 303  

 

難しくないけど、地道作業ですので・・・人は使ったほうがお得です(笑 ジーカーには、安い夕食で手を打ちました(笑 あとは、元通りに組みなおすだけですが バネをゼロタッチに調整して、バネ側のロックをしてから・・・ 全長の長さを「だいたい装着していた元の車高調」と同じ位の長さに「仮」調整 実際に、バネレートによって、車高は大きく変化しますので、1回では済みません ひとおおり組み終わったら、ショックとロックシートに一直線で線を引きます 何回転車高を上げる。という作業が、左右で同じ回転数回せば出来るので大変便利です ただ・・・線を引く場所にご注意! フロントもリヤも、タイヤを取った時に、線が見える場所に。 私はネジの方向が分からなくなるオバカさんなので、緩む方向に矢印書きました 304  

 

続いて、フロント 今回梱包された状態、フロントはバネがゼロタッチでしたが、一応バラしました。 リヤショックと同じように、ケースとショックをバラして、固着防止スレットコンパウンドを塗る 多分、S13もS14,15も?全車種?  Fショックは、ケースの下にある調整ダイヤルが飛び出す形に なると思うので、置く時に注意してくださいね 同梱のプラスチックの車高調レンチ。大きな力を掛ければ当然壊れる硬化プラスチック製 本締めでトルクを掛ける時は、金属の方でトンッってお願いします。 壊れてしまったら捨ててください。 保障はありませんので、あしからず〜! S13系の車高調には、S14,15ナックル装着車でも車高調が装着できるように 取り付け金具が沢山入っていますが(取り付けネジがS14.15に比べて細いネジが純正) S14,15系車両には、4枚の金具が同梱されています 下の取り付けネジの上側が長穴になっているので、金具に合わせて、キャンバーが3種類 調整できるシステムです 305  

 

次は、車高を調整しました これも・・・大体です。 装着したら、多分変わりますから・・・ 念のため、アッパーの21mmのボルトが規定トルク掛かっているか、確かめて・・・ 秘密兵器のアッパー側のネジの正体は・・・3UPオリジナル製品の「スリーアッパー」25度的な感じ 正確に・・・測ってないけど、大体中心から1cm後ろ側にオフセットする事によって、1度位はキャスターが付く方向になるはずです。 この機能の良いところは・・・人によるので、はっきりとは言えません だって、私はスリーアッパー嫌いだったもん! 取り合えず、ノーマル状態で乗ってみてからで良いと思いますが、 強いて言えば「巻き込みスピンがしにくくなります」って感じなのかなぁ〜 悪く言えば「ノーズが入りにくくなる」と感じる方もいるかも・・・です。 このFショックの性能が、実にナチュラルにFタイヤを感じられるショックなので、私は超お気に入り! 悪く言えば・・・三上みたいに「Rの加重だけ」で車の向きを変える派の人には 「ハンドルが効き過ぎる〜」って言うかもしれません そんな方は、1cm後ろに、アッパー部分をオフセットすれば・・・ あら不思議。いい感じ〜に変化します 306  

 

取り付けは・・・こんな感じです。 前後の車高バランスで、車が変わるので、色々触ってください ショックも同じく、色々触って自分セッティングを出してください。 私は、このショックで・・・ラクしてエビスで楽しもう!と企んでいます(笑 バリ山のタイヤでも7年前のカピカピタイヤじゃダメなので、フロントタイヤ持っていこ〜っと!

posted by 3UPオバちゃん at 00:02| 3UP 商品の紹介